人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

チャーリー・ヘイデン、すごくいいネ。

スカパーTVの、エコミュージックというチャンネルがあるのですが、
夜の11時ころ、それを何気に観てたら、
突如、叙情的なメロディーが流れてきました。
チャーリー・ヘイデンの「At the Adge of the World」。
なんとも、いい曲だね。。。
ピアノの音色で始まるのですが、次第にベースへと移ります。
その後にも何曲か続きましたが、基本の曲調は全てアメリカンチック(ジャズ的)。
ただ後半の方の曲は、もう少しヨーロピアン風(クラシック風)な
構成がほしいような・・・。
う~ん、やっぱり、アメリカとヨーロッパを足すべきだ・・・。
ヨーロッパで生まれた形式感に、アメリカの放縦さを足したくらいの感じが、
心に馴染むんだよね。
by 7ewada | 2009-07-12 23:34 | 音楽