カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

メロディの情けなさ

自分のCD、Loversion II を改めて聴くと技術的に厳めしいところもありますが、どこかメロディに情けなさがあるので、ピアノに疎い演歌部門のスタッフ陣にも喜んで頂けたのではないかと思います。そういえばショパンのメロディも、演歌に似た情けなさがあるように思います。彼のメロディに詞をつけて歌えばよくわかると思います。逆にJ-POPなんかはよく聴けば、クラシック音楽の構築法を用いていることがわかります。例えば、クラシック界で言うオスティナート奏法(繰返し演奏する)は、その一例です。と、自分で思ってるだけですが。
[PR]
by 7ewada | 2011-04-15 20:31 | 音楽