カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ファイナルデー

今日も残すところ、あと一日となりました。
年末年始ということで、私は、いま実家に戻ってきています。
外に遊びに行きたいところですが、とりあえず家の中で、
高齢者の母親と歓談/団欒します。
それにしてもお正月に居場所があるというのは、幸いなことです。。

みなさん、今年はありがとうございました。
ピアノオーディションで出会えたピアニスト陣、
出産をひかえた友人、
新しい事業部を始めた社長、
会社に干された人、
震災関係で大変な方々、
酒浸りオジサン、
など、、みなさん、よいお年をお迎えください!
[PR]
by 7ewada | 2011-12-31 12:29 | 行事

メリークリスマス。

クリスマス、いかがお過ごしですか?
私はやはり、子供時分のクリスマスが一番好きです。
楽しい音楽を聴き、いつも通りの我が家のリビングで母の手料理を楽しみ、
サンタさんが来るのを期待しながら寝床につく。朝方、枕元にプレゼントを見つけて、兄を叩き起こして、一緒に包みを開ける。。欲しかったコアラのぬいぐるみを貰って、喜ぶ・・・。

しかし、小学校6年生ぐらいの時、私からサンタさんは居なくなりました。
ちょっとした寂しさと同時に、少し大人になった気持ちがしたものです。
[PR]
by 7ewada | 2011-12-25 17:08 | たわごと

編曲はこわい

わざわざ曲を崩してメチャクチャにするような編曲は苦手です。
せっかくの物をただただメチャクチャにさせられると、作った方もいい気分がしません。
音楽をより魅力的にさせるための味付けのような編曲ならOKですが。。
編曲で音楽家の感性の鋭敏さなどがわかるような気がします。
だからこわいです。
[PR]
by 7ewada | 2011-12-23 23:05

先人の音楽


先人が作り残してくれた音楽のお陰で、今の自分の自作曲があります。
彼らの曲がなかったら、今の私はないと思います。

私の自作に「さよならショパン」「涙のショパン」というのがあります。
それぞれ、ショパンの作曲のいいところを部分的に取り出して、自分なりに改良したものです。
いっけん自信のある作曲家ピアニストは、人の曲など使わない、と言い張りますが、
それは、頑な考え方かもしれません。やはり、先人の曲のいいところをチョイスして、新しい自分の発想を組み合わせる、、というプロデューサー的な発想自体が感動を呼び起こしたりするのではないかと思います。
[PR]
by 7ewada | 2011-12-23 23:00 | 音楽

You are so beautiful

私はクラシック音楽しか聴かない、、と思われがちですが、そうではありません。

例えば、「You are so beautiful 」、いいですね。
伴奏がピアノだからかもしれませんが。
曲も良いですが歌詞もシンプルでいいです。

こちらです
you are so beautiful
[PR]
by 7ewada | 2011-12-14 00:44 | 音楽

本を書く。

数年前から今までの間に「本を書こうと思う!」と宣言する人、3名に会いました。

いずれ書いて発売されるのだろう、、と私は信じていますが、どなたもまだです。

客観的に見ると3名とも本業で忙しい毎日を送っています。

おそらく、パワーはあるけど1人静かに没頭する暇や時間がない、、という状況なのでは。と思います。

そもそも作曲家も作家も、普段ボーっとして、遊んでるように見える人が多いのです。
そして彼らは孤独や貧乏や非常識をおそれず、心のうちに沸くパワーをすべて作品に挿入するということが得意なのです。

ともあれ、私は3名の著書の出版を楽しみにしています。 
[PR]
by 7ewada | 2011-12-11 21:08 | 芸術

踊るサンタクロース


もうじき、クリスマスです。
今年は、自由が丘オペラ座でクリスマスパーティーをします。
みんなでピアノを弾いて聴いて、楽しみます。もちろん、飲食もあります。
我々は、パーティーだからと言って気をぬきません。
奏者はみんな、会場でちゃんと手慣らし(リハーサル/練習)をします。
私は恒例の「踊るサンタクロース」を弾こうと思います。
自分で作った割に、弾けば弾く程、楽しい曲です。
[PR]
by 7ewada | 2011-12-07 18:21 | 音楽