カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぶれない人

今日、紹介する本は『ぶれない人』(著者:小宮一慶)。以前、私はとある社長さんに「あなたはぶれない人ですね」と言われました。その後、本屋で見つけたこれを買って読みました。著者が我が兄と同じ経営コンサルタントのため、話に数字が多く所々難しいのですが、周囲の陽気なオジさんからは聞く事のできない内容に大変満足しています。また先日は、レコード会社のシニアプロデューサーに「あなたの目的はなんですか?」と意味深に聞かれ、まるで「あなたの結婚はいつですか?」と聞かれているのと同じくらい、返答に戸惑いましたが、著者の経験で言うと、目的は目標と違ってそう簡単に設定できるほど容易なものではない、そうです。私はシニアプロデューサーに、この本を貸してあげようと思います。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-24 22:08 | たわごと
今朝、右耳でフジ子・へミングさんが弾くシューマンやショパンを聴いて、同時に左耳でエコミュージックTVから流れるピアニストJeno Jando (イエネ・ヤンドー)のモールァルト演奏や喜多郎の楽曲までを聴きました。小さい時に私は、左耳で好きなTVを見ながら、右耳で母のうるさい話を聞く技を身につけました。TVも見たいし、母の相手もしなくては・・・ということで前向きに、両方を同時に聞き取ることにしたんです。それと近い感覚で、今日は音楽を同時に。出来るだけ多くの音楽を聴きたくて時間も大事にしたい人は、同時に2曲ぐらい聴きましょう。しょせん、ライヴ演奏会じゃないから聴き方は自由です。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-22 10:36 | 音楽
シューベルトのピアノ即興曲90ー2Allegroと90−3Andante、私の好きな曲です。この曲、横線で弾く人が多いようだけど、私は縦線ですね。ドイツ物は縦に重みを持たせるほうがシックに味が出るんです・・・というのがコンポーザーピアニスト的な私流の解釈で、普通のピアニストは横線で素直に美しく弾く事が多いようです。重みを意識すると右腕と右腰の筋肉が痛むリスクもあるしね。ちなみに、シューマンのトライメライも横線の演奏が多くて不満です。でも練木繁夫さんの弾くトライメライは、ぜんぜん別物。完璧に縦で、音色はもちろんのこと、曲の構造で感動させてくれます。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-21 10:27 | 音楽

芸術力の磨きかた

my best favorite bookを紹介します。『「芸術力」の磨きかた 著者:林望』です。
著者は、ケンブリッジ大学客員教授、東京芸術大学助教授などを歴任しつつ「イギリスはおいしい」や「日本語の磨きかた」など多数の著書を執筆しているそうです。
a0117324_11303819.jpg

この本は、近場の酒飲みオジさんからは絶対に聞き出せないような貴重なお話が書いてあります。みなさんもよかったら読んでみましょう。「第4章、受け手が芸術を育てる」とか「第5章、鑑賞力をいかに鍛えるか」とか、項目だけでも読んでると面白いです。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-20 11:31 | 芸術
6/16に音楽ホール「ムジカーザ」さんで、和田七奈江の東日本大震災チャリティ演奏会、終了しました。「ムジカーザ」さんは、指揮者の井上道義さんとそのピアニスト奥様が経営されている、音響も設備も充実した、素晴らしい音楽ホールです。大型ホールのプチバージョンという感じですね。

さて、当日は高校生2名(橋本光平さん、岩城直也さん)が、有志で大人顔負けのピアノ演奏を披露くださいました。ありがとう!橋本君は、クラシック名曲の数々を自由に組み合わせて、まさに頭脳派というようなロジカルで誰にも思いつかないような発想の演奏をしてくださいました。岩城君は、耳心地よいポピュラー名曲をしっとり美しく仕上げ、ゆったりとした表現力のある演奏を聴かせてくださいました。高校生でありながら、これだけの大人の前で、自分なりの演奏が出来るということに私は感銘を受けています。2人の並々ならぬ将来を想像しています。

私は心行くまま演奏させていただきました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうござます。
当日、寄付金にご協力くださった方々、どうもありがとうございます。

※ 一番、写りのいい写真を掲載します。(両脇は、昔の音楽仲間)
a0117324_2154092.jpg

[PR]
by 7ewada | 2011-06-18 21:07 | 音楽
もし私がショパンに会ったら、どこかで幻滅するかもしれません。所詮、音楽家もただの人ですから。やっぱり彼とは会わないのが正解。もしモーツァルトに会ってたら、たぶん性格が面白すぎて 彼の音楽なんかより彼自体を気に入ってしまうかもしれません。それで、彼の演奏会には興味がなくなり、彼を飲み友達として扱うのです。だけど彼も辛辣で「僕の音楽会に顔も出さないようなおまえと飲んでられるか」と、私は彼に心底嫌われるような気がします。 
[PR]
by 7ewada | 2011-06-12 23:25 | 音楽
もし私がショパンに会ったら、どこかで幻滅するかもしれません。所詮、音楽家もただの人ですから。やっぱり彼とは会わないのが正解。もしモーツァルトに会ってたら、たぶん性格が面白すぎて 彼の音楽なんかより彼自体を気に入ってしまうかもしれません。それで、彼の演奏会には興味がなくなり、彼を飲み友達として扱うのです。だけど彼も辛辣で「僕の音楽会に顔も出さないようなおまえと飲んでられるか」と、私は彼に心底嫌われるような気がします。 
[PR]
by 7ewada | 2011-06-12 23:16 | 音楽

生パスタ屋での出来事

今日、久々に近所の生パスタ屋で夕食したら、まあ、明るい大学生風のグループがにぎやかなこと。こちらの声が消されるほど。楽器ケースを持ってたから音大生かしら。酒を飲んでるのは1人もいなく、みんなジュース。ジュースで盛り上がることもあるんですね。でも私が音大生だった時はにぎやかさとは無縁でした。いつもシカゴの街やテキサスやオレゴンなど飄々と1人歩きして、人や物をクールに観察するのが好きでしたから。彼らは10年後どんな音楽家になるのかな。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-09 10:53 | たわごと

エコミュージックTV

本日も癒しの音楽番組「エコミュージックTV」を観ています。この番組は、いい番組ですね。ご存知でない方もいるでしょうが。私はこれをスカパー!TVで観てます。美しい風景と音楽の融合は小さい時から私の夢です。10代の頃は、BSチャンネルで天気予報と音楽と風景が一緒に流れているのをジーッと観ていました。もともと音楽は、きれいな自然や、情緒ある風景から生まれるように思います。
[PR]
by 7ewada | 2011-06-03 21:06 | 音楽