カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

※もう食べてしまったので、写真はありません。

材料:卵4個、サーロインステーキ約100グラム、ニラ半束、玉ねぎ少々、バター1かけ、ガーリック食塩少々、味の素少々、ガラスープ少々、日本酒少々、昆布だし汁少々

作り方
1、サーロインステーキを薄切り約2㎝に切る、ニラを約3㎝に切る、玉ねぎをスライスして十字形に切る。
2、1の材料をフライパンで炒め、だし汁で味付けをする。    
3、溶き卵に、ガーリック食塩少々、味の素少々、ガラスープ少々、昆布だし汁少々、日本酒少々を加えて混ぜる。 (※日本酒が卵の味を引き立てますね)    
4、よく熱したフライパンにバター1かけを入れ、弱火にして、3の溶き卵を流し込む。
5、卵が少し固まったら、2の材料を卵の上に置く。
6、卵が半熟以上になったら、フライパン返しで卵を巻き、オムレツの形にする。

ハイ、出来上がり!!
[PR]
by 7ewada | 2011-04-17 21:51 | 料理
先日、音楽ジャーナリストの池田卓夫さんからご招待券を頂きまして、トッパンホールで開催されたピアニスト高橋望さんのリサイタルへ行って参りました。なんと私はホールの中心部である評論家用の特等席が当たり、真正面から鑑賞させて頂きました。飛行機で言えばファーストクラス。身分不相応の場違いでありながら、成り済ましで何となく溶け込み、この上ない居心地の良さを体感しました。さて、舞台に登場した高橋さんの第一印象は・・・真面目で純朴。語り口調もあくまで文語体。そして肝心の演奏は、まるで彼の性格を表すかのように滑らかで柔和で優しく丁寧。それにしても・・・演奏会では、演奏の善し悪しが話題に上がり、楽曲の善し悪しが話題に上がらないのが寂しいというか、やっぱり作曲からほど遠い人々が聴衆なのかなと思わされます。これは自分で作曲してみて初めて思うことです。ま、それはともかく。そうですね、高橋さんの演奏はアイスクリームに例えるとしたら、世界でポピュラーなハーゲンダッツの上質バニラアイスというより、濃厚でとろける北海道十勝産の極上ソフトクリームのような感じかな。どちらが好きかは個人の好み。ちなみに私は両方好きです。あとね、こういう人が自分のピアノの生徒だったらいいなと思いました。何故なら彼のような演奏は間近で毎週聴いても苦痛でないし、耳にうるさくないから。主張の激しい演奏は、思わずプロデュースしたくなるような勢いがあって面白いのですが、聴くのは3ヶ月に1回で十分です。つまり高橋さんの演奏は、更に絵で言うと、美術館に飾られた印象的な抽象画というより、家の中に飾って生活を潤すような自然の風景画。ですから高橋さんは、被災地で疲れた人を癒すための素朴な演奏活動にも自然と溶け込むのではないでしょうか。健闘を祈ります。
[PR]
by 7ewada | 2011-04-17 11:13 | 音楽

メロディの情けなさ

自分のCD、Loversion II を改めて聴くと技術的に厳めしいところもありますが、どこかメロディに情けなさがあるので、ピアノに疎い演歌部門のスタッフ陣にも喜んで頂けたのではないかと思います。そういえばショパンのメロディも、演歌に似た情けなさがあるように思います。彼のメロディに詞をつけて歌えばよくわかると思います。逆にJ-POPなんかはよく聴けば、クラシック音楽の構築法を用いていることがわかります。例えば、クラシック界で言うオスティナート奏法(繰返し演奏する)は、その一例です。と、自分で思ってるだけですが。
[PR]
by 7ewada | 2011-04-15 20:31 | 音楽

麦飯とトロロ

私事でございますが、昨日とある事情で、麦飯の上にトロロをかけて食べさせるのを専門として商売している飲食店へ行って参りました。出てきたのは懐石コース。山芋を使用した様々な上品料理が出て参りました。中でも「山芋そうめん」というのには、ちょっと感動いたしました。山芋を超細く切って、そうめんに見立てた物です。こんな時、料理評論家だったら、う〜ん、とか言いながら「良いアイデアですね」なんて言うのでしょうか。さあ、そして、いよいよ主役であるむぎとろ飯が出て来た頃には、もう腹がいっぱいです。ギブアップとなりました。しかし被災地の方を思えば、ご飯は残さずが当たり前。そこで、がんばり、うん、美味い!それより何より、私は麦飯を食らったのは初めてでした。最後の感想として、麦飯はまずい。 
[PR]
by 7ewada | 2011-04-15 20:28 | 料理

原発、レベル7!?


原発の値が最高値に達したとニュースで報道されました。
レベル7。それって、あり? 困りますね。
もう少し、放射能数値を頻繁に報道してもらいたいと思います。

過去に起きたチェルノブイリ原発事件に関しては、
原子炉そのものが爆発して容器が壊れ、一気に放射能が大量放出されたとのこと。
福島原発事件に関しては、原子炉そのものは爆発しておらず、原子炉を覆う容器と
格納容器が保たれているため、放出量が少ないとのこと。

いずれにしてもレベル7という数値が気になりますね。
[PR]
by 7ewada | 2011-04-12 11:16

原発、どうなる?


原発、早く終われと言っても、終われないから困っているのは知っていますが。
原発の近くに住む、避難したくてもできない方や、放射能のせいで被害を
受けている農家や漁業の方などの生活苦が広がり、それに伴って、  
日本全国的な経済力低下にも見舞われ・・・ということになると思います。
しかし、原発の修復作業をしている作業員さんが頑張りすぎて、被爆してしまっては、
改善の希望もなくなりますし、こちらがブツブツ言ってもしかないのでしょうが。
 
[PR]
by 7ewada | 2011-04-09 20:52 | たわごと
LOVRSION TOKYO ピアノオーディション2011は、東北地方太平洋沖地震チャリティー活動として発足します。以下のとおりです。
a0117324_1516378.jpg

[PR]
by 7ewada | 2011-04-06 15:17 | 音楽

昨年、私が開催したオーディションの合格者1名が活動ピアニストとして輩出されました。昨年の私のリサイタルで合格者の演奏も一緒に披露したところ、お呼びしたお客様がその合格者の演奏を気に入り、スポンサーとしてスカウトくださったのです。オーディション不合格だった方、また合格してもそのような話がなかった方、これは偶然の運もありますので、ご了承いただければと思います。それよりも、アーティスト支援を申し出てくださる方が世の中には多く居るという事実に希望を感じました。

会社や事務所が正式に1人のアーティストを育てるには、相当なお金がかかります。
突然、1人のアーティストに何千万もかける人はいません。ですから一攫千金を狙わずに、毎日の小さな行いの積み重ねを怠らぬようにしてください。そうすれば、この度の合格者のように、必然的にその人に見合った良い結果が生まれます。

本年度、LOVERSION TOKYOピアノオーディションを応募される方、自分の技術と才能を
信じて、実力を発揮しましょう。
そして、客席には誰が座っているかわかりません。気を抜かず、最高の演奏をしましょう。
[PR]
by 7ewada | 2011-04-04 15:22 | 音楽