カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日、上野の通りを歩いていたら、地ベタに一人のおじさんが
うつむいて座っていました。よく見ると、彼の足は1本ありませんでした。
そして、彼が手に持つ段ボール箱には「私は事故で足を失い、家族も仕事も失いました・・・」
という文章。

お金も立派な家族もある〜さんが号泣していると、
あなたはどんなに泣いても笑っても、自分の家、家族、いくらかの財産、
そしてある程度安心して死ねる環境があるではないですか。
と、少し冷たいですが思ってしまいます。
しかし、この足のないオジさんが泣いたとしたら、本当に底なしのような気がします。
[PR]
by 7ewada | 2011-02-23 00:34 | たわごと

浅草へ、GOしました


さて、事情があって、今回は浅草へGOしました。

こちらは、有名な雷門です。
a0117324_2174785.jpg


そして、明治時代に創業したという、「神谷バー」へ行きました。
ナポリタンやらポテトサラダなど懐かしの味が大変お安く、
この店ならではのブランデー、その名も「電気ブラン」に挑戦。
これが、「電気ブラン」。アルコール、30度です。
a0117324_21105335.jpg


当時、電気が通ったことをブームに、ブランデーにも電気を通して
売ったことが始まりだとか・・・

そして、これが、ワンランク上の「電気ブラン オールド」。
アルコール40度です。
a0117324_21121654.jpg


オールドの方が、濃くがあって、美味しいですね。
この電気ブランを、ビールを飲みながら飲むのが、ツーなのです。
電気ブラン、2杯飲めば、十分に体が温まります。
昼間からホカホカになってしまいました。
[PR]
by 7ewada | 2011-02-17 21:15 | 遊び


今日、東京にもようやく雪が降りました。粉雪のようなね。
雪が降ると寒さも哀愁に感じられるのは、不思議です。
私は、雪景色が好きなんです。
(雪の災害で亡くなった方にしてみれば、雪は魔物でしょうが。)

実は、私のLOVERSION ミュージックの中の1曲「さよならショパン」は、
粉雪の舞う雪景色の中に、1人孤独にたたずむ自分を思い描きました。
その証拠に、12ヶ月の綴りとして12曲を収録したLOVERSION I では、
2月の曲として紹介されています。
[PR]
by 7ewada | 2011-02-11 20:56 | たわごと


私の実体験から言う勘ですが・・・、

クラシックピアニストには、できるだけ洗練された美しい環境が必要かと思います。
ストレスをためず、心美しくいたほうが、他人の曲に対して素直になれます。


作曲家ピアニストにも、クラシックピアニストのような環境は必要かもしれませんが、
もっと必要なのは、自分の都合を優先し、常識を無視できる空間です。
自分の中から何かを絞り出すのですから、綺麗事だけでは、栄養にならないのです。
[PR]
by 7ewada | 2011-02-09 21:56 | 音楽

楽譜


新しい曲をどんどん作るのはいいですが、

自分の古い曲を忘れてしまっては、元も子もないですね!

私は自分の曲の楽譜を、頭と体のなかに保管してるのですが、

やはり脳の記憶力には、制限があるのか、3年前に作って、その後、

1~2年弾いていなかった曲を今日弾こうとしたら、

3分の2が、あやふやで、3分の一を忘れていました! 

私の曲は、こう聴こえても、即興ではなく、精密に構築されたものなので、

適当に再現するということはできないのですよ。仕方なく、録音を聴いて、

音の構造(楽譜)を必死で思い出す始末。

もがき苦しみ、イライラしながら、大したことないパートを思い出すのに、

2時間以上を費やしてしまいました。夕飯も抜きでした。

楽譜にすれば、なんて事ない簡単な事箇所なのですが。 

「作曲家の苦労を知らない、楽譜を見てサラサラ弾いてそれで終わりのピアニスト、

あなたには、弾いてもらいたくない・・・。」と、思ってしまいました。

やっぱり他人の楽譜を弾く時は、音と音の関係を一つずつ理解して、納得したり、考えたり、

共感したり、感動したりしてくれるピアニストが中味濃いですね・・・。


とにかく、自分の作曲を頭から消滅させないためには、必要がなくても毎日弾くか、

楽譜として記しておくか・・・どちらかですね。

曲数が増えてくれば、データか紙に記しておくことになりますね。

・・・と、反省の1日でした。
[PR]
by 7ewada | 2011-02-09 21:46 | 音楽