カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カラオケ、ごめん。


付き合いのある方から、カラオケに誘われることが多々あります。
カラオケでも行けば、更に交友が深まるのだろうな・・・と思いつつ、
惜しくも、柔らかくお断りしています。
皆様のご存知の通り、私は音大のピアノ科出身ですが、
本当のことを言って、歌は好きですし、音程にも自信があります。
しかし、普段歌っていない分、声は出ないのです。
普段、音楽に関わりのない方は、ある意味ストレス発散で、
声が出なくとも楽しく歌うのでしょうが、私は音楽をストレス発散とは思えないのです。
また、歌うことをストレス発散に考える人の中で、「カラオケが上手い人」
というのが、その辺にゴロゴロいると思います。
いわゆる、プロのレベルではないが、遊びの中で得意になれる人。
私は、こういう得意になれる人と比較されたくないという、思いがあるのです。
もしかしたら、下手でも楽しめる、ということに対しての嫉妬心かもしれませんが、
やはり、嫉妬心だけではありません。
例えば、「ななえさんて、ピアノは上手いけど、歌は下手。ははははは」
と不本意に、噂されることが十分にありえるのです。
中には、その話をまともに受ける人もいるでしょう。
そんな馬鹿なことがあってたまるか・・・と思います。
遊びだからといって、やはり、油断大敵。
食事や音楽以外のエンタテインメントなら、時間の許す限りお付き合いしたいですが、
音楽を使った遊びには、ゴメンなさい。です。
[PR]
by 7ewada | 2010-09-21 00:10

高校生に励まされて。


私は、学生時代から、「鬼のように練習する人」で有名でした。
大学時代は、何時間でも練習室に閉じこもり、真夜中の2時3時まで、
ピアノに触っているようなことは、よくありました。

社会人になってからも演奏会前となれば、「I should ~ (やらなければ)」
の感覚で、練習したくないけどやる、という気持ちに陥いりながら、長時間の練習に
縛られます。しかし、演奏の練習をする時は、「 I Want to~(したい)」の心で行うことが、とても大切であると、つくづく思います。ですから、最近は、I want to の状態で、
ピアノに向かうことを心かげています。やはり、I should の気持ちで、
4時間練習するのとI want to の気持ちで2時間練習するのでは、
後者の方が格段に深みのある練習になります。
何故なら、I want to の気持ちで練習すると、楽しくて、集中が冴えるからです。
実は私も10代の中頃までは、「楽しい、楽しい、弾くのが楽しい、弾きたい・・・」と、
この一心で、ピアノに心底、惚れていたのですが、やがて、その楽しさが薄らぎ、
いつのまにかI should の心に変換していたように思います。

しかし、先日のピアノオーディションで、I want to の精神に溢れた
10代の高校生男子に出会い、私の心は、大きく揺さぶられたようです。
音に迷いがなく、ピアノと一心同体になって熱中した演奏・・・。
この高校生を目の当たりにして、「この子のみたいに、弾きたい。」と
私は、真剣に想ってしまいました。
この男子高校生が私の励みとなり、私の中で眠っていたI want to が、
長い時を経て、ようやく目を覚ましてくれたように思います。
[PR]
by 7ewada | 2010-09-19 23:19 | 音楽

現実世界と精神世界


突然ですが、本日は、現実世界と精神世界の話。
人は生まれて、現実世界に生きるのは、当たりまえです。
ただ、この現実世界が、「お金、家庭、地位」を基本に形成されるのだとしたら、
現実に強い人、弱い人がいると思います。
私は、弱いほうだと思いますが、実のところ私は、「お金、家庭、地位」そのものには、
あまり興味がありません。
ただ、そのかわり、精神世界への探求がはなはだしく、
精神世界のない人生は、死んでいるものと同じと想うくらいです。
私にとっての精神世界とは、芸術、それも「音楽」です。
そんな訳で、私はなんとか、現実世界で生きながら、精神世界を大切にしています。

しかし、例えば、現実に一心不乱の経営者などは、
現実社会(世界)には強く、自信はあるものの、
精神世界を持つことが難しかったりします。
しかし、そういう経営者は、物事を知っているせいか、
精神世界が有る無しでは人生の豊かさが大きく違うということを知っていて、
出来れば精神世界を持ちたいと、芸術家に興味を持つ場合もあるようです。
しかし、興味は持つものの、所詮は水と油。
考え方、価値観の大きな違いを感じ、引き合わないのです。
しかし、引き合わないという前提で、お互い助け合うことはできると思います。
現実世界に強い人間は、精神世界に強い人間に対して、
経済支援などをすることにより近づき、その精神世界を少しでも見習う。
逆に、精神世界に強い人間は、自分で築いた独特の世界を
現実世界の人に与えることで、その報酬として、自分には足りない
現実世界の強さをいただく。

このように、現実世界と精神世界の共存は、永久に大切なことと思います。
[PR]
by 7ewada | 2010-09-18 23:44 | たわごと

富士山へGO しました。

さて、先日、事情あって富士山へ行ってまいりました。
a0117324_21285923.jpg

これは、5合目から見下ろした朝方の風景。綺麗です。

こちらは、6合目から、上を見上げた風景。
この先が頂上となっています。
a0117324_21293647.jpg

当日は、6合目で早くも、ダウン。
私は山を舐めたファッションスタイルで、登山しましたが、
皆様、リュック背負って、杖ついて、ジャンバー着て・・・という
まさに、登山の井出立ちでした。
やはり、登山には登山ファッションというものがあるのだな・・・と思いました
[PR]
by 7ewada | 2010-09-12 21:31 | 遊び

皆様、ご無沙汰しております。

先日、オーディションが終わり、合格者も決まり、
その後の打ち合わせが終了した次第です。

う~ん、合格がいれば不合格もいる、というところに、
多少ひっかかりはありますが。
世知辛いものです。

この度の合格者は、10月24日(日)、サントリーホール(ブルーローズ)で
催されます、私の演奏会の特別出演者として演奏出演していただきます。
どのような方が合格されたかを確認するためにも、
皆様、ぜひ、ご来場くださいませ。

また、彼らの演奏は、スカパー!「エコミュージックtv」で、世界の美しい風景と
共に放送されます。東京へ起こしいただけない方は、
そちらを、是非、ご覧くださいませ。

宜しくお願いいたします。
[PR]
by 7ewada | 2010-09-12 21:21 | 音楽