カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人を集める才能

私は、約30年間ピアノをやっていますが、
舞台で演じる芸人が1番、大変な事をしていると思っていました。
なぜなら、自分を律しながら陰で厳しい訓練を繰り返しているからです。
しかし今、思うのですが、一番大変なのは人を集めること、集客ですね。
コンサートにしても、店にしても、教室にしても、
人を集める才能というのが一番、難しいのではないでしょうか。

まず、告知をしなくてはいけません。宣伝です。
あてずっぽうに宣伝を打っても意味がないので、どのように宣伝を打つか、
マーケティングで解析しなくてはいけません。
マーケティングを行うには、詳しい数字データの統計が必要です。
そして、その統計を出すまでには、いつくかの失敗を含む実績が必要なのです。

個人のコンサートなどは、特に大変です。
ある程度、的確な宣伝をしても、知らないアーティストに興味を
持つ人はどれだけいるでしょうか?
しかし、だからといって、無謀なまでに規模に合わない大きな宣伝を
しすぎると、大赤字になります。
よって、アーティスト本人が自ら地道に手作業で、人を集めることになります。
しかし、今の私は、1人で2時間の演奏をする自信はあっても、
自分のリサイタルのために、1人で突然500人を集める自信は、ありません。
そこで、スポンサーや協力者に頼むことになります。
大きな人脈、権力、財力のある方に、お願いするわけです。
(アーティストには、大物に助けてもらえる度量や引力、それを継続させるマジメさが
必要かもしれません)

とにかく、人を集める才能というのは、大変な力であると思います。
陰で自分を律して厳しい訓練をすれば、自分のことなんかどうにでもなりますが、
大勢の人を一気に動かすには、そんな程度の話ではいきません。
ビジネス的に言えば、営業力というのでしょうか。
素敵に言えば、人を寄せ集める魅力。
そんなことを感じてからは、作曲や、演奏や、制作などの
クリエイティブが子供の遊びに見えてしまいます。
大人として理想なのは、人を集める才能と、物を生む才能の、両方を持つこと。
それができれば、鬼に金棒です。
[PR]
by 7ewada | 2010-02-21 20:20 | たわごと
兄の妻が、目黒で「ワイン教室」をやっております。

お邪魔して受講いたしました。写真のとおりです。
最初に、シナモンとレモン入りのホットワインを出してもらいましたよ。
ホットワイン・・・初めていただきました。おいしかったですね。
そのあと、オリジナル・テキストをもとに舞子先生の講義を聞き、
テイスティングをして、ワインの品種当て。
この度の講義で、私にとってシラーズが一番、
いい味だということがわかりました。
上品な女性(私も?)が集まるワイン教室。とても楽しいひと時でした。

舞子さんのワイン教室は、女性誌で有名な「25:ヴァンサンカン」
4月号(3月発売)に取り上げられます。楽しみですね!
「25:ヴァンサンカン」は、本屋さんでたくさん売ってますので、
みなさんも見てましょう!(美人さんですよ)
a0117324_12162616.jpg
a0117324_12165094.jpg

[PR]
by 7ewada | 2010-02-11 12:19 | 遊び