カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ベートーヴェンと私は、一つ壁を置いた付き合いをしています。
彼は聴覚障害を持ってましたが、今のところ、私は五体満足なんですよ~。
彼と私は基本が違うのです。基本的に私と彼は、何かが大きく違うのですが、
何が違うのかさえわからない程、何かが違うんですよ。
ショパンには自然に引きこまれるのに対して、
ベートーヴェンは崇高に見上げるって感じでしょうか。
彼は、少ない音数で一つのメロディーを作り、
しかもそれを繰り返していることが多いように思います。
おそらく耳障害があったために、たくさんの音を使わずに
作曲する工夫をしたんじゃないかと思います。
ベートーヴェンは音感だけでなく、ひらめきと思考力が抜群だから、
発明家にもなれたはずです。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-17 20:10 | 音楽

爪がのびた・・・

1ミリ、手の指の爪がのびました。
気持ち悪いです。
さっそく、全部つみます。
でも、右手の人差し指の爪だけ0.15ミリ残します。
なぜか・・・?
どういうわけか、一生懸命ピアノを弾くと、この右手の人差し指だけ
爪と肉が離れがちなのです。強く押し勝ちなのかもしれません。
というわけで、なるべく強く押せないように、
わざと、少しだけ伸ばしたままにするのです。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-16 20:26 | 音楽
ショパンのピアノ楽譜を読んで感じることは、
自然な感情が、そのまま自然に、それも明快に書かれているということ。
ショパンは、自分の書いた譜面にけっこう満足していると思いますよ~。
だってあれだけ、上手い具合に細かく書けば・・・。
読み手側としても、楽譜から感情が伝わってくるせいか、思わず面白い本のように
惹きこまれて、つい読み込んでしまいます。
ショパンは自分の譜面を、分身のように、思い入れしていたとも考えられますね。
そういう意味では、何だかんだと彼も相当、幸せな人だったと思います。
色々と日常生活でつまづきもあったようですが。

そんな作曲家の分身みたいな楽譜を、他人が読んで弾くには、やっぱり、
それなりのセンスがいります。
でも、おそらくショパンは、自分が作ったピアノ曲に関して、完結した気持ちを
持ってるので、案外、他人がどう弾こうと、気になるけど気にしない、って感じでしょう!
下手に弾かれたとしても、怒りもしないが見向きもしない。
楽譜どおりでない方法で、不本意に上手く弾かれても、関心はするが興味は示さない。
そして、「いくら楽譜なんか読んだって、私ほどに素晴らしく弾ける者なんか
いるわけないんだよ、フフッ・・・」と最初から自分を自分が大好きなナルシストで、
良く言えば、他人には期待しない、ある意味、自立型。
つまり、ショパンは繊細な感受性を持ちながらも、押し付けがましくない、
自由なセンスを持っていたのでは?と思います。
それは、彼の特徴的な記譜表現法「テンポ・ルバート(自由なテンポで)」
が如実に語っています。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-16 20:10 | 音楽

新成人

最近の新成人は、暴れん坊が多いのですねえ。
式の最中に、舞台に上がって騒ぐとは・・・。
思いもよらないことです。

将来有望な20歳もたくさんいらっしゃると思いますが、
いつもニュースで取り上げられるのは、暴れん坊たち。

素晴らしい20歳も、取り上げていただきたいものです。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-11 22:17 | たわごと

爪が邪魔です。

なんだか今日は、ピアノが弾きにくいな~~、と思ったら、
ツメが伸びてました!
白いところが、2ミリほど伸びてました。
指先が、とても気持ち悪いです!

わたくしは、指のツメを綺麗に伸ばしたことがありません。
しかし、ネイルには憧れが人一倍強く、一時期、マニキュアを
コレクションになるほど買い揃えたことがあります。
しかし、もちろん使うことはできず。。。
今では、ほとんどサッパリです。(足のツメには塗ります)

ピアノを弾くにしても薄い色なら・・・と思ったことがありますが、
やっぱり、手も心も裸にならないとダメなんですよ。
特に指は視界に入るので。

というわけで、指先の色気は、あきらめています。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-11 00:43 | ファッション
みなさん、あけましておめでとうございます。

お正月はどのように過ごされましたか?

明日から、仕事始めとなる方も多くいらっしゃるでしょう。

私は休みボケという感じがしなくもないです。

今年も1年、よろしくお願いいたします。
[PR]
by 7ewada | 2010-01-03 18:42 | 行事